ごあいさつ

受講プログラム詳細・参加申込

 

<受講するプログラムの詳細>

 

 

■開講時期・期間:

①2021年10月~12月中旬 こちらの募集は締切致しました。

②2021年12月中旬 ~ 2022年2月下旬

 

 

■受講方法:

全てのプログラムを オンラインで受講

Zoom、Slack等のオンラインツールを使用して、

レクチャー動画の視聴、チャットを用いた講師等への質問、課題の提出、全体でのディスカッション等を行います。

期間中、週に5~10時間程度の学習が必要となりますが、一部のプログラムを除き、

自分が都合のつく時間にオンラインを通じて学習を進めることができます。(全体で60時間程度)

 

 

 ■受講に必要な環境:

オンライン接続が可能なネットワーク環境(個人パソコン、インターネット接続)

受講にあたり、オンライン会議等のツールであるZoom・Slackを活用します

 

 

■参加費用:

無料

 

 

■参加(受講)の対象となる方:

以下のような状況にあり、今後新たに新潟県内企業での就職・転職を希望する方

 ①自らの能力・ライフスタイルに合った就職を目指す、子育て世帯の主婦・主夫の方

 ②首都圏等在住の方

 ③コロナ禍等で望まない就業状況にある方

 

 

 

■プログラム詳細

 

【前半】大学教員・実務家による講義・ディスカッション

 

〇ホスピタリティ:共感力・対話力を身につける

〔講師〕安東徳子 氏((株)エスプレシーボ・コム/代表取締役)

 

市場(顧客)と共に価値を創り出すことで、中小企業に新たな視点からの課題解決やイノベーションがもたらされます。

そのためには、企業自体や市場(顧客)に共感しながら相手を理解し、

対話をしながら相手の望むこと(ニーズ)を抽出する力が必要になります。

こうした共感力と対話力からなる「ホスピタリィ力」を養うために必要な、

ホスピタリティマネジメントに関する知識、思考フレームワーク、実践的技能を身に付けます。

 

〇マーケティング:自社商品やサービスが顧客から愛顧される仕組みをつくる

〔講師〕今井進太郎 氏(グローカルマーケティング(株)/代表取締役)

 

マーケティングの基礎知識、特に「消費者志向」に関連した理論、思考フレームワーク、およびマーケティングリサーチの方法論を身に付けます。

 

〇サービスデザイン:「ホスピタリティ」「マーケティング」に基づいて課題解決を考える

〔講師〕伊藤龍史(新潟大学 経済科学部准教授)ほか

 

「価値提案」の新たな考え方(単なる「物づくり」ではなく、物をサービスの媒体であると捉える包括的かつ新たなビジネス視角)に関する

知識および思考フレームワークを身に付けます。

 

 

【後半】企業課題に対する企画・提案(コンテスト形式)

 

(株)プロッセルが提供する「オンライン インターンコンテスト」に取組みます。

企業課題に対して、上記の知識をふまえ、チームで提案を行います。

知識に基づいて考えること(仮説)と、実際にそれを実現すること(実証)の間の往復の仕方を身に付けます。

前半の講師陣がアドバイザーおよび審査員となり、

さらには課題の内容に応じて専門知識を有する教員や実務家からもアドバイスを受けることができます。

  

 

■定員:

50名

 

 

 

 

 

<就職・転職マッチング>

 

 

本プログラム後半の「オンラインインターンコンテスト」では、

実際に本プログラム受講者の採用を見込む企業もオンラインで参加し、受講者へのアドバイスやフィードバックを行います。

それらの企業を就職・転職先の候補として理解を深めていただき、最終的にご自身の適性・能力に合った職場での就職・転職を支援します。

 

 

 

 

 

 

<受講者向け説明会>

  

 

先日開催した、受講(希望)者向け説明会の様子をYoutubeに投稿いたしました!

本プログラムに少しでもご興味をお持ちの方は、ぜひご覧ください。

 

Youtube⇒「ジョブゼミにいがた」受講者向け説明会

 

【目次】

00:00 事業の概要、プログラムの詳細

15:42 第1期受講者の声

23:41 参画企業の声

28:40 オンラインインターンコンテストについて

 

 

 

 

 

 

<参加申込>

 

 

下記フォームから必要事項をご入力いただき、お申込み下さい。 

 

受講申し込みフォームバナー.jpg

  

 

〔〆切〕開講時期① 2021年9月21日(火)   締切致しました

開講時期② 2021年12月6日(月)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇Q&A

 

 

---------------------------------------------------------

 

Q1:

オンラインインターンコンテストの期間、現在就業中の受講者は働きながらでも参加できるか?

 

A1:

Slackのチャット機能等を用いて、それぞれが都合のつく時間に作業や話し合い、企業への質問等を行うため、

現在の就業状況に関係なく参加することが可能です。

 

---------------------------------------------------------